暑中見舞いの書き方

暑中見舞いの書き方

暑中見舞い書き方は、年賀状と異なり季節の挨拶状としてとくに決まった形式というものがありません。
また、年賀状ほど堅苦しいものではないので、比較的内容も自由だったりするようです。
年賀状には「年賀」と書き出すのですが、暑中見舞いでは「暑中」と書く習慣がありません。
それでは、暑中見舞い書き方はどんなものなのでしょうか。
初めて暑中見舞いを送ろうと思っている方、久しぶりに暑中見舞いを出すという方はぜひ参考にしてみてくださいね。
まず、先ほども書きましたが暑中見舞いには決まった形式というものがありません。
そのため、さまざまなお知らせを書くこともできます。
このお知らせというのは、結婚や出産、引越し、転勤など。
一度にたくさんの方に報告を出したいという方にも暑中見舞いは大変おすすめです。
ですが、暑中見舞いには出す時期が決まっています。
基本的には、梅雨が明けたころから8月7日までが暑中見舞いとなり、この日以降は残暑見舞いに切り替わってしまいます。
これだけ注意しましょう。
さて、自由な形式となる暑中見舞い書き方ですが自分のことばかりではいけません。
相手の健康を気遣い、そして自分の近況報告をするようにしましょう。
また、暑中見舞いとなるので季節感のない文章や内容も控えるようにします。
暑中見舞い書き方のポイントは「簡潔」で「季節感のある内容」にすることです。

頭語と結語は必要ありません。
季節の挨拶は、他の文章よりも少し大きめに書くことがポイントです。
また、市販されている暑中見舞いのハガキを利用する場合、一言手書きの文章を添えてみると好印象となりますよ。
暑中見舞い書き方の内容ですが、まずは「季節の挨拶」を入れるようにしましょう。
この季節の挨拶というのは、「暑中お見舞い申し上げます」などです。
一般的にはこの文章が使われているのですが、プライベートでもビジネスでもこの文章を使えますよ。
次に、「時候の挨拶」を入れます。
この時候の挨拶には、「炎暑ことのほかきびしい中…」「厳しい暑さが続いておりますが…」などです。
この文章が入っているだけでグっと暑中見舞いに近づいた感じがしますね。
次に、「安否を尋ねる挨拶」を入れましょう。
そして、「自分の近況報告」を入れます。
結びの挨拶も入れる方もいるようですが、これは暑中見舞いを締めくくる言葉となり送る内容や相手によって使い分けると良いですね。
暑中見舞い書き方は簡潔にまとめる必要がありますが、例文もたくさん公開されているのでぜひ参考にしてみてくださいね。